いろいろかくブログ

いろいろかきます。。

「ぷよぷよ」の思い出といま

僕は、「ぷよぷよ」というゲームがとても好きだ。

同じ色が4つ揃ったらぷよが消える、という単純明快なルールとは裏腹に、連鎖の組み方やスピードなど、突き詰めるとキリがない、面白さが詰まったパズルゲームである。

 

出会いは幼少期、何かの待ち時間で、父親の携帯に入っていた「ぷよぷよフィーバー」を遊んだこと。

それまで、ゲームといえば、昔家にあった初代プレステぐらいしか知らなかった。

親が「ボンバーマン」をやっているのを、ぼうっと見ているだけ。

そんな幼き日のぼくが生まれて初めて触ったゲームが、ぷよぷよだ。

かっこつけた言い方をすると、あの携帯に入っていたぷよぷよが、僕に新しい世界を見せてくれたのである。

そのときの僕にとって、ぷよぷよは、ただ相手よりも早くぷよを消して、おじゃまぷよを相手に送るだけの遊びだった。

フィーバーゲージの仕組みも全くわかっていなかった。

それでも、自分が決めた方向にぷよが動き、自分が揃えたぷよが消えていくだけで、本当に楽しかった。

 

小学生になって、しばらく経ったころ。

親は新しい携帯電話に変え、周りの友達はどんどんDSを持ち始め、クラスではポケモンDPtやイナズマイレブンの話で盛り上がる…という環境の中、幼い兄弟が欲しがるから、という理由で、僕はなかなかDSを買ってもらえなかった。さしずめ、ゲームをする手段がなかったのである。

僕は、ゲームがやりたかった。

 

自分で言うのはこっぱずかしいけれど、そのときの僕はなかなか悪知恵が働くガキだった。

親の目を盗んで、タンスからぷよぷよが入った携帯と充電器をくすねて、学習机でこそこそと充電した。

小さい画面いっぱいに映し出された「ぷよぷよフィーバー」の題字。

当たり前だが、魔導学校の前で腕を広げるアミティは、小さいころプレイした記憶のままだった。

携帯をこっそり持ち出した背徳感も相まって、余計に興奮したのはよく覚えている。

毎日夜遅くまで起きては、隠れてぷよぷよをやっていた。

やがてDSを買ってもらえると、その興味はポケモンに移ることとなる。

(携帯をこっそり持ち出したり夜中にポケモンをやっていたせいで、親にこっぴどく叱られたあげく、しばらくゲームを禁止にされたのも今ではいい思い出です。)

 

でも、ぷよぷよ熱が完全に冷めることはなかった。

年にそう何度もない、好きなものを買ってもらえる日。

小4ぐらいの誕生日のこと。

僕は誕生日プレゼントに、DSソフトのぷよぷよを選んだ。

それからというもの、1日30分のゲーム時間を、ほとんどぷよぷよに充てた。

どれだけいろんなゲームを体験しても、ぷよぷよはやはり特別だったのかもしれない。

今日までぷよぷよを続けられているのは、間違いなくこのときの判断のおかげ。

かれこれもう10年間もこのソフトで遊んでいることになる。

 

それから長い年月が経ち、僕は大人になった。

それでも、ぷよぷよへの思い入れは、ずっと変わらないのだろう。

半年ほど前、大学の空きコマを利用して、電車で少し行ったところにあるゲームショップに、欲しいSwitchソフトの下見をしに行った。

そのとき探していたソフトは見つからず、帰ろうとすると、ふと「ぷよぷよeスポーツ」の文字を見つけた。

僕はとっさにそれを手に取り、新品と中古で値段が100円しか変わらないこと、しかもその値段がお手ごろなことを確認すると、新品の方をレジに持っていき、すぐに会計を済ませてしまった。

いわゆる衝動買いである。

 

家に帰る途中、ゲームショップの袋を見ては心が躍った。

あんな気持ちは久しぶりだった。

家に帰って、さっそくソフトをSwitchに挿入し、起動。

さいころからずっとプレイしてきたゲームの最新作を、まさか自分で稼いだお金で買う日が来るなんて思いもしなかった。

 

懐かしいキャラクターや思い出に浸りながらぷよを積み上げているうち、今までになかった「もっとうまく連鎖ができるようになりたい」という考えが頭の中をよぎり始めた。

調べてみると、「だぁ積み」、「かぎ積み」、「連鎖尾」、プロの方が考案したといわれる「GTR」など、知らなかった技術がいたるところに転がっていた。

こういうことを知らなかったのはとても残念。

昔から知っていれば、なんとなく基礎ぐらいはできていたかもしれないのに。

と、少しだけ思った。

でも、過ぎたことを悔やんでも仕方がない。

 

というわけで、僕は今しばらくぷよぷよから離れられそうにない。

このゲームは、僕の人生に絶大な影響を与えたゲームだ。

 

7連鎖ぐらいは何も考えずに撃てるようになった。道のりはまだまだ長い。

それと、ぼくはユウレイとシグ、アルルあたりが好き。

ぷよぷよのキャラ、みんなかわいい。そこも含めて好きなゲーム。

もちろんコンパイル絵もセガ絵もどっちも。